終業後の身とM・Tと人材N・H間での連絡

「機械は明日も扱うからすすぎ終わったら全体車内に戻しておいてください」
 場当たり的な特有だけ出すとN・Mは一足少なく母屋へと入ってゆく。
「総出、あとは俺がやっとくから銭湯入ってきて」
 途中でN・Hが気持ちを利かせて、洗った農機具を自ら片づけてくれると言うので門下生たちは庭先で一斉に足袋を脱いで我先にと母屋へ入って行く。
「人使い荒いっすよね、あの人」
「急遽なんだよな。こちょっと達洗いざらいやっとだっつーのに……」
S・KとN・Tは誰に聞こえみたいが放置と言わんばかりに鬱屈をぶちまけながら着替えを取りに行った。M・TがまだまだN・Hのとなりで状況を手伝っていたので私はサンダルに履き替えたあと、二人の元へ折り返す。
「あのコラボレーションは神経心頭みたいだけど、M・TくんとA・Iちゃんは偉いよね。俺の予想では二人とも決意があるし恐らくは、生じるような気持ちがしてる」
「避けといた方がいい。元々彼らは決意乏しいだし、まともに注意したところで徒労に取りやめるだけだよ」
「まとまらなきゃまとまらないでキツいけど、ウチ達中心でやってくしかないのかな」
「そうするしか乏しいだろ」
 どんなにそれぞれ友達とは言え、昔の誼ですとか幼馴染みなどというフィルターを外さなければ道場ではあぶれてしまうかもしれない。それは分かっているのだが、間の手続きと共にお互いにリライアビリティが薄れて赴き、少しずつ気合いや用量に差がついて行くのはなんだかさびしいような気もした。