佐藤愛子さんの本を読む。愚痴なのに面白い。

ベストセラーになっている佐藤愛子さんの本を読みました。
佐藤愛子さんのことは、ネットの記事を読んだことがあり、愚痴のような文なのに
妙に納得したり、面白く、面白い文章を書く方と思っていました。
エッセイというのは、本人の主観などを書いていると思うのですが、共感できる部分も多く
その人と話しているような気分になります。
老人の愚痴と聞くと、相手にしたくないようなそんな気分になるのですが、佐藤さんの本は楽しく読めました。
私にもこんな文才があったらいいのにと思いました。
話は説得力があるものもあるし、佐藤さんのエッセイはくすっと笑えるのがいいです。
このような文章を書けるようになるにはどんな訓練をしたらいいのでしょうか。
エッセイなどは共感したりそうなんだって思えたりする部分があると一気に読んでいろいろ考えます。
でもこれも自分の心に余裕のあるときでないといけないので、本を読むのは自分がほかに気にかかることがないときなどです。
忙しいときは心に入ってこないので面白く感じられず残念です。http://lviv-city.org/